HALMA GEN

ピアノ、キーボード、アコーディオン奏者。現在、歌手おーまきちまきとのユニット「はるまきちまき」で活動中。おーまきが作詞作曲した歌の編曲も担当している。おーまきもアコーディオンを弾くので、「ダブルアコーディオン」なる、珍しいスタイルの出し物?もある。他の活動としては「浪花の歌う巨人」趙博とのライブ活動もある。

HALMA GEN

Author:HALMA GEN

おーまきちまき ホームページ  おーまきちまき ブログ     趙博 オフィシャルサイト    1959年北海道札幌生まれ  高校卒業後、東京へ移住 78年 70年代初期にファーイーストファミリーバンドで活躍していたベーシスト(現在“秦琴”奏者)深草アキと出会い、和風ロックバンド『観世音』を結成。 81年 『観世音』で、劇団ピープルシアターの手話劇『異説酒呑童子』の音楽制作に参加。ハンガリー公演や日本国内ツアーを行う。 その後、数々の演劇の音楽制作や、アイドル歌手のサポートなどを経験。TOM★CATの後期メンバーとして活動。 80年代後半に、人形アニメーター真賀里文子に出会い、その映画作品の音楽を作曲。 90年代、ロックバンドでの活動や、ワールドミュージックのユニットでの活動がメインに。95年 深草アキ氏の作曲によるNHKドラマ「蔵」の音楽制作に編曲と演奏の両面から参加。 00年 初のソロアルバム「9TALES」を発表。 その後、津軽三味線や薩摩琵琶のプレイヤーのサポート、李政美、趙博、知念良吉、寿[kotobuki]のサポートで活動。 06年 趙博の歌うキネマ『砂の器』公演に参加。 08年 神戸に拠点を移し『はるまきちまき』や、趙博との共演で関西を中心に活動。

メールアドレス

HALMAPHOTO.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 20061229152047.jpg

HALMA GENへのメールは上記へお送り下さい。携帯とパソコン兼用アドレスの為、添付ファイルは約1MBまでのサイズでお願いします。はるまきちまきでは、不定期ですがメールマガジン「つうしんこむらがえる」を、各地で出会ったお友達のアドレスにお送りしております。新規登録希望の方、送信アドレス変更の方は、上記アドレス宛にお知らせ下さい。はるまきちまきの最新情報をお送りします。

HALMA COUNTER

はるまカレンダー

今日のお月様はどんな? http://moon.jaxa.jp/ja/today/

徒然なる日々

今日は何の日???? http://koyomi8.com/

あれこれそれ

いらっしゃいませ~

■ご注意■当ブログでは、誹謗中傷や迷惑、猥褻なコメントを防止するため管理人の承認後公開されます。管理ページ及び、FC2アナライザーにてコメント投稿を常時監視しております。不快なコメントと判断した場合、禁止設定にてブラックリストに登録、内容も禁止ワードに登録します。また、コメントの本文が5%以上英数字の投稿は制限されます。宣伝目的のスパムコメントはご遠慮下さい。

思い立ったが吉日

月別記事検索

WARP☆ZONE

はるまきちまき

★はるまきちまきプロフィール★★ うたうたい・おーまきちまきと、ピアニスト・HALMA GENが、2006年4月に電撃結成。ライブでは、オリジナル曲のほか様々なカバー曲ありピアノソロあり、ないたりわらったりきゅんとしたり。ピアノのほかダブルアコーディオン、洗濯板やカズーやそろばんやいろんな楽器がとびだします。「ぼくとつキャラ」ながら、幅広い年齢層に愛され、熱狂ファン増殖中。ライブハウスにかぎらず、各種イベント、集会、人権コンサート、病院、介護施設、小学校や養護学校などなど、場所をえらばず活躍が期待されています。

D-HCmikan710620.jpg

公演についてのお問い合わせは、「オフィスいぼがえる」おーまきちまき宛か、HALMAGEN宛にメールにてお問い合わせ下さい。

はるまきちまき1stCD

はるまきちまきファーストアルバム「収穫2」 郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●宛に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。●まったり、ぼくとつ・・・たねまきコンビ、すっとばしてまっす~●はるまきちまき ファーストアルバム『収穫2』げるまがえるれこーど GGR-001 2500円(税込)ジャケット COLOR PENCIL ART ミツル・カメリアーノ●GUEST MUSICIAN 田嶋翠(パーカッション)●おーまきちまきの声は、ただ清らかなだけではない。ハルマゲンの音は、ただ美しいだけではない。二人の融合は叙情ではなく、音と言葉の織りなす叙事詩として僕の耳に響く。生きる希望を捨てない「いたずら小僧」の哄笑が聞こえる。「浪花の唄う巨人 趙 博」●~~僕の脳裡には今、賢治の「告別」(「春と修羅」第二集より、門出を祝う詩)のラストが鳴り響いている。このピカピカの二人組の、輝かしい船出に乾杯! 「ライナーノート 大熊ワタル」

20070710152133.jpg

●収録曲             ないてわらってセバスチャン/しっぱいのうた(仮)/こうもりがさとでんしんばしら/月の下で/友だちへ/つるまきぐるぐる/くものかけらをたべてみる/おさんぽのうた/おたんじょうび おめでとう/かんぱいマイロード/オーソレミオ/しずかなよる

うらはるまきちまき

はるまきちまきのミニアルバム「ぼくとつわたし」。ライブ会場にてファーストアルバム「収穫2」をお買い上げの方のみ手に入れる事が出来るのです。石川でのレコーディング中の飲み会でHALMAGENが、飲んでべろべろになったおーまきちまきにインタビューした「対談」。素のおーまきがめっちゃ面白い。HALMAGENが歌う「ほんじゃらおりおりのうた」や、ダブルアコで石川県のお友達と盛上がったお笑いコーナーなどなど、、。「収穫2」とはまた違うはるまきちまきが聴けます。恥ずかしいけど、笑えます!!げるまがえるれこーど GGR-002 500円

uraharumakiomote.jpg

「収穫2」は2500円なので、3000円出してお釣りのかわりに、このミニアルバムをゲットしてみては如何?

HALMA GEN SOLO CD

郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。

PIANO SOLO「9TALES」(税込)2000円 TECHNO CD「電脳節」(税込)1500円         9tales.jpg         20060210072953.jpg

日本国憲法

第9条 1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 第21条 1、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2、検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 第25条 1、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中智子さんと

わたくし、、しばらく出演はないのですが、、、

7月30日(火)19:30~
神戸 ビックアップル
田中智子さんのライブに乱入予定です!
ベースの船戸博史さんも御一緒します。


田中 智子(vo,p) 船戸 博史(b)
guest : アコーディオン、春間げん

http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/NewFiles/next.html
スポンサーサイト

KURIのライブ

長い友人である「KURI」のお二人が大阪にライブをしに来るというので、驚かせようと思い、内緒で大正区にある「サレガマ」を訪れてみた。

何年ぶりだろう、久しぶりの再会。進化していた「KURI」
深みを増したカツちゃん、色っぽい演奏の美穂ちゃん。
驚きの進化。音楽は長く一緒にやるべきなんだなあ、、、

はるまきちまきもまだまだ、、、

でも会えてうれしかった。おーまきと僕で、美穂ちゃんに「アンデス25」の存在を伝える。
美穂ちゃんなら、とても上手に弾きこなせるでしょう。

studiokuri.com/jp/top_jp.html

映画『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜』

封切になったので、さっそく観に行って来ました。
最終レイトショー、、、HAT神戸の映画館、、、9:45開映、、、人もまばら、、
でも、、海の香り、、、なんか観るのには、、いい感じ、、

映画『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜』

清志郎さん、、、天才です。駆け抜けていったんですね、、、

共演の皆さんもうサイコー!!!
泣きながら観ました。

サイコーのロックンロールでした。清志郎さんありがとう!!
愛し合ってますよ。

アルゼンチンタンゴ

アルゼンチンタンゴ、伝説のマエストロたちを観た。

MAESTROS.jpg

DVDを相方が借りて来たもの。
バンドネオン、ピアノ、ストリングス、、、他、、
西欧の楽器を使っているのだが、独自の進化を遂げて来たアルゼンチンタンゴ。

往年のマエストロたちを呼び寄せて作ったドキュメンタリー。
素晴し過ぎる!!美し過ぎる!!その年老いたミュージシャンたちは、、、
終わっていない。

その素晴しい演奏や歌。
涙が出た、、、

ピアニスト、、故、エミリオデラペーニャさんの演奏に心打たれた、、、
年を重ねても、こんな素敵なピアニストになれたらいいなあ、、、
あこがれます。

DVD二本立て

今宵は相方がお休みなので、二人でDVDお茶の間だ。

まずは一本目。白鳥哲監督の作品「不食の時代」


テレビをつけると、、、沢山食え食え〜〜という番組やコマーシャルばかりの時代。
これは、、、陰謀である。飽食させて、病気にさせて、クスリ付けにさせて、、、

故 甲田光雄医師の神業的なその独特な療法。生菜食と玄米。
食べない事で、病気は治るという。

これはいい映画だ。

オフィシャルサイト
http://tetsushiratori.web.infoseek.co.jp/pg23.html

fushoku.jpg


津田正(つーやん)と久し振りに

何年振りだろう、、、多分7年ぶりぐらいかもしれない、、、

ごきげんなベースプレーヤー、津田正君が神戸でライブをするという連絡をもらった。

むかしZIGGYのヴォーカルの森重さんとのライブ。

津田くんとはむかし「SOUND APARTMENT」で一緒した。

前乗りだというので昨日、家に遊びにこないか?と誘ったら、来てくれたのだ。

いろんな話をした。7年間の間お互いのはなし、、、

自分は変わり続けていると思っていたが、基本は何も変わってないのだ。
そして、人の基本を変える事など出来ないのだ。

人生は、、自分の基本をみつめ、修行を続けていくことなのだ。


津田君、今日のライブかっこよかったで!!
また合おうな〜〜〜!!

書道ガールズを観た

昨年10月に、はるまきちまき&趙博で訪れた愛媛県の四国中央市。

製紙工場のある町。紙の町だ。

瀬戸内海を北に見る。工場の煙突は町のシンボルだ。

しかし、その駅前はシャッター通り。過疎化。

しかし、人々は「書道甲子園」で町を活性化しようと頑張っている。

映画、「書道ガールズ」を観た。

SHODOU.jpg

UNDER WORLD CD/DVD

久し振りのUNDER WORLDのCD/DVDが去年発表された。

一昨日、AMAZONで購入して、昨日届いた。

昔から好きで、聴いている。

いやいや、、進化してますね。

テクノ、ドラムンベース、、、色んなジャンルのアーティストがコラボしていて、すばらしい作品だ。

UNDER WORLD


four 80 east

先日、インターネットラジオで聴いてて、気にいってしまった。

four 80 eastのCD「en route」をアマゾンさんから購入。

FOUR80EAST.jpg

久し振りに、鍵盤とドラムのゴキゲンな音楽だ。
インストで気持ちよく一枚まるごとかけっぱなしで聴ける。

昔から、こういうデュオが好きで、良く聴いている。

Rob DeBoer:key,bass,guitar,prog
Tony Grace:drums,perc,prog
他、guest musicianあり

しかしこのrobさんは、ベースやギターなども弾くので、マルチだ。

GS ワンダーランド

いやあ〜〜この映画面白かった。

GS ワンダーランド。 TSUTAYA で借りて見ました。

gs wonder

公式サイト

http://www.gs-w.jp/top.html

ロッドスチュワート&ザ フェイセズ

ユーチューブで観てたら、DVDが欲しくなり買いました。

懐かしいですね。ロッドスチュワート&ザ フェイセズ。

イアンマクレガンのウィリッツァーのエレピやハモンドの音が素敵ですね。

まさにロックキーボードの王道です。

THE FACES

あんみ通のニューアルバム

東京に住んでいた一昨年まで、よく御一緒してた、津軽三味線のデュオ「あんみ通」のお二人から、新しいアルバムが届きました。

三枚目のアルバムなので、題して「あんみ通さん」。彼女らのセンスの良さにいつも関心させられるのです。

今日手元に届いて、未だ聴いてないので楽しみです。

http://www.anmitsu.info/

an3cdjk02.jpg

しかしこのジャケットの色合い、、僕のブログのテンプレートの色合いと同じですなあ。

チングドゥル コンサートのお知らせ

パクウォンさんのバンド「チングドゥル」が神戸で大きなコンサートを開きます。



阪神・淡路大震災15周年記念事業
チングドゥルコンサート
~和太鼓とチャング/JAPAN×KOREAの融合
伝統的ながらも新しい親舊達の世界~


チングドゥルHP


2010. 2. 11 (木・祝) 16:00開演 (15:30開場)
神戸新聞 松方ホール
(〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル4階)
http://www.kobe-np.co.jp/matsukata/access/index.html

一般 ◆前売り¥2,000 ◆当日¥2,500
子ども(4歳~高校生)◆前売り¥1,000 ◆当日¥1,500
[チケット販売]
●松方ホールチケットオフィス 078-362-7191
●NPO法人 兵庫県子ども文化振興協会 078-361-1152
[主催] NPO法人 兵庫県子ども文化振興協会
[後援] 神戸市、神戸市教育委員会

chingu01.jpg

chingu02.jpg

ナイロビの蜂

TSUTAYAさんから借りたDVD。「ナイロビの蜂」を観た。

製薬会社って、、、きっとこんなことして儲けてるんだね。

人の命を助けるどころか、、、命の大切さなんて考えてもいないんだよね。


『ナイロビの蜂』 (The Constant Gardener) は、2005年制作のイギリス映画。ブラジル人監督フェルナンド・メイレレスがジョン・ル・カレの同名小説を映画化した。日本公開は、2006年5月13日。

レイチェル・ワイズが2005年のアカデミー助演女優賞を受賞。


ストーリー

ケニアのナイロビに駐在しているイギリス人外交官のジャスティン・クエイルはある日、弁護士であった妻テッサを何者かによって殺害されてしまう。その真相を追うジャスティンは、背後に製薬会社のからんだ陰謀があることを突き止める。

nailobi.jpg

ライブ聴きに行って来ました

昔、李政美さんの伴奏で一緒だったギター、マンドリンの矢野さんが、韓国の歌手キムドゥスさんと、光玄さんと、大阪でライブをするというので、今夜聴きに行って来ました。

光玄さんも、キムドゥスさんも初めて聴きます。

光玄さんは、相方のおーまきの知り合いで神戸のミュージシャン。歌詞の深さに感動。「新長田の夜」という曲が、僕らの中ではお気に入りです。

キムドゥスさんの、ギターのインストメンタルも巧く使った、叙情的な楽曲、特徴のあるビブラートで歌う歌に感動。

CDを二枚買いました。日本語訳が入っているので、じっくり聴いてみたいと思ってます。

DOOSOO.jpg

「夕暮れの川」と「10 DAYS BUTTERFLY」です。

矢野さんもさすがでした。歌の合間に入れる、オブリや伴奏がセンスいいですね。久し振りの再会に嬉しかったです。


キムドゥス 光玄 矢野敏広 ライブ

昔、李政美さんの伴奏で一緒だったギター、マンドリンの矢野さんが、韓国の歌手キムドゥスさんと、光玄さんと、大阪市内でライブをします。皆さん是非聴きに行きましょう!!

【大阪・中崎町】キム・ドゥス Live at Common Cafe
2010年02月04日 (木)

     <音波舎ライブ>“Kim Doo Soo × 光玄”

 出演:キム・ドゥス(Vo.G) 光玄 (Vo.G) 矢野敏広(G.mand)
 時間:19:30 開演(19:00 開場)
 場所:大阪 Common Cafe TEL:06-6371-1800
     (大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F)
     http://www.talkin-about.com/cafe/index.html
 アクセス:地下鉄谷町線中崎町駅2・4番出口上がる徒歩1分
 入場料:2,000円(ドリンク代別)
 問い合わせ:mailto: ompasha@auone.jp 音波舎

矢野敏広のホームページ
http://www.yanopee.com/

増田俊郎さんのライブ

大阪・安治川口「ヒポポタマス」
「新年游神御利益Live」

出演/増田俊郎&游神(Drs.島田和夫・Bass.泉尚也)

昨夜、僕ら、はるまきちまきが師と仰ぐ増田俊郎さんのライブを聴きにいってきました。素敵な時間を過ごして来ました。ドラムの島田和夫さんは、段ボールやザルまで楽器にしてしまう達人。ベースの泉尚也さんはメロディアスなベースフレーズで皆を包んでくれた。増田さんはいつもの様に素敵な歌とギターで皆を魅了する。

いやあ~焼酎のお湯割沢山飲んでしまって、気持ちよく過ごせました。増田さんとまた一緒したいなあ~

原信夫 シャープス&フラッツ LAST FOREVER DVD

先日、レコードプレーヤーで江利チエミさんの30th アニバーサリーアルバムを聴いた。キングレコードから1981年に発売されたもの。コンサート自体は、その前の年に行われたもので、その伴奏は、原信夫 シャープス&フラッツである。

その完成された演奏に感動。僕はピアニストであるが、JAZZのビックバンドに関わった経験はない。(そんな演奏力はないし、、)原信夫さんの事は少しは知っていたが、詳しくは知らなかった。ピアニストとして勉強不足である。

http://www.haranobuo-final.jp/

昨年原さんは現役引退をなさったようだが、一昨年に引退記念ツアーを行っていて、そのDVDが発売されていたので、さっそく購入し聴いて、見てみた。
80才を越えてのその元気な姿。60才代にしか見えないその姿。ミュージシャンはもうオリジナルメンバーは殆ど残っていないが、若手のメンバーもゴキゲンな演奏をしている。原さんのその卓越した人選力。

すばらしいDVDである。
HARANOBUO.jpg
ⓒ2009 ewe records

余談だが、最後のメンバーのピアニストである、西直樹さん。
http://www.ne.jp/asahi/jazzpiano/naoq/
このDVDでは違う方がピアノを弾いているが、
その昔jazzの学校に通っていた頃、ビブラフォンの浜田均先生の元で、僕はキーボードを担当していて、その時エレピやアコピを弾いていた方である。

板橋文夫ミックスダイナマイトトリオ 明石

今日は板橋さんのトリオと、美術家の中島由夫さんのアートパーフォマンスが明石で行われるので、聴きに行って来ました。

家を出る時に、マネージャーさんから電話が入り、はるまきちまきで共演してほしいと板橋さんが言ってますとのこと、、、、、、。
うわああああ、どうしよう緊張するなあ。
先日、梅田のロイヤルホースで演奏した「私の青空」を一緒したいとの事。

アコーディオンとカズーを持って、おーまきと明石へ向かった。

会場では音響も照明も入り、お客さんも沢山来ている。

板橋文夫(ピアノ)井野信義(ウッドベース)小山彰太(ドラムス)
アートパフォーマンス 中島由夫

すばらしいコンサートだった。
三人の演奏は、それはそれは、、すばらしかった!!

そしてアンコールで僕らが呼び込まれ、、、
僕はアコーディオン、おーまきは歌とカズーを、、、

共演、、、
あこがれのピアニストである、板橋さんと共演出来るなんてなんと幸せな、、、

中島さんも、井野さんも、小山さんも、お客さんも喜んでくれて、、、
有り難う御座いました!!
お邪魔しました!!
楽しかったです!!

itabashi_20100117202527.jpg


余談。
帰りに明石焼を食べました。タコフェリー乗り場近くの「きむらや」さん。美味しかったです。
そのあと、魚の棚商店街でサザエとイイダコの煮付けを買って帰りました。
今夜の酒のアテです。これも美味い!!




歌わせたい男たち

ここ最近は家で、CDを聴いたりDVDを観たり本を読んだり、「音楽芸」のために勉強している。
今日紹介するのは、二兎社の永井愛監督・作の演劇、「歌わせたい男たち」。

主役は、戸田恵子さん。
他の出演は、大谷亮介、小山萌子、中上雅巳、近藤芳正。(敬称略)

2008年03月、新宿紀伊國屋ホールでの収録だ。

都立高校の卒業式での、「君が代」をめぐっての当日の朝の騒動を描いた演劇。


あらすじ

仲ミチルは、ある都立高校の音楽講師。
四十代の半ばまでを“売れないシャンソン歌手”として気ままに過ごしたミチルだが、仕事は激減、そろそろカタギになろうと、ようやく今の仕事にありついたのだった。今日はミチルが初めて迎える卒業式。国歌斉唱の際、伴奏をするようにと校長の与田から命じられていた。だが、ミチルはピアノが大の苦手、おまけにアガリ性でもある。「私のせいで厳粛な式が台無しになっては……」と、ミチルは早朝から音楽室にこもり、伴奏の稽古に励んだ。だが、極度の緊張のせいか、指が震えだし、おまけに眩暈までしだした。保健室に飛び込み、ベッドに横たわるミチル。「本番で間違えたらどうしよう」と、焦りはつのる一方だ。与田が保健室へやって来た。英語教師の片桐、社会科教師の拝島も出入りして、ミチルはおちおち寝ていられない。実は、今日「君が代」の伴奏が無事に行われることは、ミチルだけの問題ではなかった。都議会委員、教育委員会関係者も列席する中で、「君が代」の斉唱を拒否し、着席してしまう者が出たら、校長の指導力が問われかねない。与田や、「君が代・日の丸」推進派の教師にとって、肝心のピアノ伴奏者に不調が生じてはまずいのだ。しかし、教師の中には、「君が代」斉唱に反対の者や、全く無関心の者もいて、今回のハプニングに対する彼ら・彼女らの反応は様々である。それぞれの思惑が交錯する中、卒業式の時間は刻一刻と迫ってくる。

二兎社のページ

utawasetai.jpg

教育現場での、「その現実」を表現している作品。おおいに勉強になる。

木村充揮BANDのライブを聴いて来た!

昨晩というか、もう昨日でしたが、おーまきの友人のMさんが大ファンの木村充揮さんのライブを聴きに、神戸チキンジョージに行って来た。
元憂歌団の木村さん。素晴しいライブだった。会場は超満員。お客さんの愛の溢れるヤジに笑顔で答える木村さん。関西を拠点にいまでも歌い続けている。
泣いた、、笑った、、楽しかった。何と言う大きなオーラを放つ人なんだろう、、。
彼の、いやバンドメンバーも含め、その「歌と音楽の力」は、世間で起きている暗い出来事などあっという間に吹き飛んで行ってしまい、前向きに生きる力を教えてくれる。
年を重ねてますますかっこいい、木村さん。
僕も、一介のピアノ弾きとして大変勉強になりました!!
パワーをもらいました。ありがとう!!

雨宮処凛さん

KARIN.jpg
雨宮処凛 著 「闘争ダイアリー」を読んでいる。
彼女の活動は、精力的だ。それこそ過労で倒れたりしないよう、祈っている。
派遣社員の解雇、ニート問題、反貧困、ホームレス支援、ワーキングプア問題、ひきこもり支援、ユニオン支援などなど、多岐に渡る現在の格差社会問題について著書を書き、講演会やデモに参加し活動している。かっこいい!僕らはるまきちまきも彼女を遠くから応援しているのだ。

スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」で、人間が廃棄物を川に垂れ流して、その結果ゴミだらけになった川の主が出て来た。飽食し、豚になってしまった千尋の両親。

資本主義、物質主義が生んだ、大量のゴミや廃棄物、エネルギーの大量消費。そして格差社会。ファーストフード店で夜を明かさなければならなくなった、難民。ネットカフェ難民。

彼女の世代は、バブル崩壊後の影響をモロに受けた世代。

僕ら40代も、これからは人事ではない。親の世代が子ども時代、戦争を経験している。
高度成長期、上の世代が学生運動をしてたのも観て来たし、昭和後期の激動期から、平成の激変も観て来た。若い世代に伝える、パイプ役になれるはず。

自分だけ良ければいいなどという、競争至上主義はもう時代遅れの考え方だ!!!!

栗コーダーカルテット

一昨日、神戸チキンジョージで行われた、栗コーダーカルテットのライブを聴きに行って来た。
インフルエンザの流行で、三ノ宮界隈はマスクをした人が沢山いた。しかしライブは通常に行われ、彼らはお客さんの入りを気にされていたのだが、インフルエンザなど関係なく、沢山のお客さんが、来ていた。
彼らの曲は、インストロメンタルなのだが、どの曲もいい。ずーっといつまでも聴いていたい曲ばかりである。
笛、ギター、ウクレレ、チューバ、アンデス25、パーカッション、サックスほか、登場楽器も多く、4人とも色々器用にこなしている。達人ぞろいだ。
アンデス25は彼らの影響で、僕らはるまきちまきでも使用している。
パンフルートと鍵盤が合体したもので、とても面白い楽器だ。
栗コーダーカルテットのライブはこれで5回目だが、また聴きにいきたい。

遠峰あこさんの最新CD 発売中

僕ら、はるまきちまきの素敵なアコーディオン仲間。遠峰あこさん。
新しいCDが出ました。
詳しくは彼女のホームページをご覧下さい。すごいいいアルバムですよ!
http://www.olive24.com/to-co.html
horai1.jpg

8曲入りフルアルバム 遠峰組 T-002 2009.3.22発売
「横濱ほーらい節/遠峰あこ」 絶賛発売中! ¥1000
待望の自作自演民謡シリーズ、横浜の民謡、野毛の艶歌、日ノ出町の音頭♪
100年後にも歌い継がれて欲しい、そんなうた、こんなうた。
 1.横濱ほーらい節
 2.野毛の心意気~野毛山
 3.おてんとてんてん節
 4.野毛の心意気~都橋
 5.日ノ出大明神音頭
 6.野毛の心意気~桜木
 7.やあさかりんりん
 8.野毛の心意気~日ノ出

参加ミュージシャン
遠峰あこ (うた、アコーディオン、口琴)
たっつぁん (べース、ギター、バンジョー)
湯浅大吾(津軽三味線)
Mako (ピアノ)
酒匂正章 (パーカッション)
白庄司孝 (サックス)
日ノ出大明神コーラス隊
(たばさちゃん なこちゃん たっちゃん れおくん)
ライナーノーツ 
ロコ・サトシ

ユニオンチューブ

さらにご紹介。ユニオンチューブ。
ここのサイトは今後、常に観ておきましょう。

はたらくものの動画投稿サイト「ユニオンチューブ」にようこそ。メンバー登録(無料)すれば、動画投稿・コメント書込みができます。ユニオンチューブ は「レイバーネット日本」の全面協力で運営しています。またユーチューブでも同じ動画が見られます。

http://video.labornetjp.org/

ジョリモームについて

知ってますか?フランスの労働運動演劇集団。ジョリモーム。こんな時代、こんな時期なので紹介したい。是非是非、DVDを入手して観て聴いて頂きたい。東京のSさんから教えて頂き、今まで知らなかったのが悔しいほど、衝撃を受けてしまった。
2004年、パリ、ムフタール通りでの路上ライブの収録。

ジョリモーム
フランスの劇団。1980年代の結成以来、プレヒトやジャックプレベールの作品、パリコミューンを題材にした戯曲など一貫して貧困、大衆、連帯をテーマにした芝居を演じている。彼らのもう一つの舞台は街頭。通常の路上公演のほか、デモ行進の盛り上げ役としても知られている。労働者、移民、失業者、路上生活者、、、仲間達が抗議行動を起こす時、その傍らでジョリモームは彼らの為に作った歌を歌う。ジョリモームの赤い旗はいまや、デモの名物だ。

ジョリモーム 歌は何のために ジョリモーム路上コンサートDVD
JOLIE MOME.JPG

http://www.cie-joliemome.org/
DVDの購入は
http://vpress.jp/

忌野清志郎さん、、

忌野清志郎さんが、亡くなられた。

RCサクセションの「スローバラード」僕の青春の曲だ。

いつものようにキメて~「雨上がりの夜空に」僕に元気を与えてくれた曲だ。

タイマーズ、僕に反骨精神を教えてくれた。

心からおくやみ申し上げます。

天国でもいい歌、歌ってキメて下さい。お疲れさまでした、、、。

増田俊郎&有山じゅんじ 有増やります

今宵は、神戸チキンジョージにて行われた、増田俊郎さんと有山じゅんじさんのライブを聴いて来た。
この怪しいカッコいいおやじミュージシャンたち。なんて素敵ないい歌を聴かせてくれるのだろう。涙有り、笑い有り、その懐の深さに感動する。
有山さんは、お名前は有名で前から知っていたのだが、今回初めて聴いた。
題名は聞き逃したが「僕たちは機械じゃない人間だ」という歌には涙が出た。
前に大阪サンホールでお会いした、カオリーニョ藤原さんも同じ事を歌っていた。
今回、有山さんのCDを三枚ゲット。うち一枚はご本人からサイン入りでのプレゼント。
ハリーハリーハリー
ARIYAMA1.jpg

木村くんと有山くん
ARIYAMA2.jpg

レア ソングス
ARIYAMA3.jpg

そう、そうだ。お二人みたいな怪しいカッコいいおやじミュージシャンたちの音楽を、今、次の世代へ伝えていかなくちゃいけないんだと、おやじピアニストである僕にも同じ使命があるのだと、思った。

増田さんは、いつものようにたんたんと歌い、僕らの涙腺を刺激する。そして心がおだやかになる。前回の西宮RJ BME'Sでの「なまら PART2」も素敵だったが、今宵、増田さんは、歌とギターをソロでもじっくり聴かせてくれた。

そして、お二人の何気ないMCや掛け合いのギターフレーズにも涙が出そうになっだ。自然体であることのすばらしさを伝えてくれたのだった。

8月ころ、チキンジョージにて、増田俊郎&はるまきちまきが実現しそうである。
相方のおーまきは、未だ決まってもいないのに、すでにテンションが上がっている。
決まったら、またお知らせする。
音楽の大先輩である増田さん。
音楽で遊べたり、楽しんだり、きゅんとしたり、、、。
それまで僕らも修行しておかねば、、、。(笑)

板橋文夫 ピアノソロライブ

今宵は、大阪市旭区にあるライブハウス「TEN ON」で行われた、板橋文夫氏によるピアノソロライブを聴きに行って来た。
板橋氏は僕が大尊敬するピアノの巨匠だ。過去に相方のおーまきちまき、趙博氏との共演をされてたこともあったのだが、その頃はまだ直接の面識はなく、今回初めて、公演後ご挨拶をさせて頂いた。

すばらしいライブだった。最初から最後まで、ドライブし続けるパワフルなピアノプレイ。激しい場面が多いのだが、実は理論的に裏付けされた繊細なフレーズで構成されている。

ピアノの弦が一本、ライブが始まってすぐに切れたのだが、まあご愛嬌である。
本人いわく、二本のうちの一本だし大丈夫!!なんて言ってひょうひょうとしている。

何がすばらしいかというと、板橋氏がバラードを弾いても、タンゴ、ブルース、フリーなどを弾いても、何を弾いても板橋氏のピアノだということだ。決してジャンルに媚びない、重厚なピアノスタイル。
ピアニカとピアノで奏でる、涙が出そうになるバラードには、完全に打ちのめされたのだった。

時に激しく、時にやさしく、奏でられるフレーズは、裏付けがあり、聴く者の耳へ暴力的でもなく、お涙ちょうだいの場面でもなく、常に平常心を無くさない、長い修行を重ねた僧侶のお経のようにも聴こえて来る。

ピアニストの僕にとっては大変勉強になるなライブだった。素敵だった。
板橋氏、還暦のお祝いを受けていた。還暦であのピアノ。かっこよすぎる!!

ITABASHI.jpg

今回、新譜を購入してきました。板橋氏ほか、10人のミュージシャンで録音された、WE11、THE ITABASHI FUMIO ORCHESTRA。
もう、、最高です!!!!

WE11.jpg

ミツル・カメリアーノさんの原画

僕ら、はるまきちまきの「収穫2」のジャケットの鉛筆画を書いてくれた、金沢の画家ミツル・カメリアーノさん。
相方のおーまきが気に入って買った原画。
前々から、事務所に飾ろうと思っていて中々いい場所が決まらず。しまってあったのだ。
しかし、やっと飾る場所が決まり、木材で台を作り、照明も当てた。
何度見ても、気持ちがほんわかする、いい絵だ。すばらしい。
かめりあーの1

かめりあーの2

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。