HALMA GEN

ピアノ、キーボード、アコーディオン奏者。現在、歌手おーまきちまきとのユニット「はるまきちまき」で活動中。おーまきが作詞作曲した歌の編曲も担当している。おーまきもアコーディオンを弾くので、「ダブルアコーディオン」なる、珍しいスタイルの出し物?もある。他の活動としては「浪花の歌う巨人」趙博とのライブ活動もある。

Author:HALMA GEN

おーまきちまき ホームページ  おーまきちまき ブログ     趙博 オフィシャルサイト    1959年北海道札幌生まれ  高校卒業後、東京へ移住 78年 70年代初期にファーイーストファミリーバンドで活躍していたベーシスト(現在“秦琴”奏者)深草アキと出会い、和風ロックバンド『観世音』を結成。 81年 『観世音』で、劇団ピープルシアターの手話劇『異説酒呑童子』の音楽制作に参加。ハンガリー公演や日本国内ツアーを行う。 その後、数々の演劇の音楽制作や、アイドル歌手のサポートなどを経験。TOM★CATの後期メンバーとして活動。 80年代後半に、人形アニメーター真賀里文子に出会い、その映画作品の音楽を作曲。 90年代、ロックバンドでの活動や、ワールドミュージックのユニットでの活動がメインに。95年 深草アキ氏の作曲によるNHKドラマ「蔵」の音楽制作に編曲と演奏の両面から参加。 00年 初のソロアルバム「9TALES」を発表。 その後、津軽三味線や薩摩琵琶のプレイヤーのサポート、李政美、趙博、知念良吉、寿[kotobuki]のサポートで活動。 06年 趙博の歌うキネマ『砂の器』公演に参加。 08年 神戸に拠点を移し『はるまきちまき』や、趙博との共演で関西を中心に活動。

メールアドレス

HALMAPHOTO.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 20061229152047.jpg

HALMA GENへのメールは上記へお送り下さい。携帯とパソコン兼用アドレスの為、添付ファイルは約1MBまでのサイズでお願いします。はるまきちまきでは、不定期ですがメールマガジン「つうしんこむらがえる」を、各地で出会ったお友達のアドレスにお送りしております。新規登録希望の方、送信アドレス変更の方は、上記アドレス宛にお知らせ下さい。はるまきちまきの最新情報をお送りします。

HALMA COUNTER

はるまカレンダー

今日のお月様はどんな? http://moon.jaxa.jp/ja/today/

徒然なる日々

今日は何の日???? http://koyomi8.com/

あれこれそれ

いらっしゃいませ~

■ご注意■当ブログでは、誹謗中傷や迷惑、猥褻なコメントを防止するため管理人の承認後公開されます。管理ページ及び、FC2アナライザーにてコメント投稿を常時監視しております。不快なコメントと判断した場合、禁止設定にてブラックリストに登録、内容も禁止ワードに登録します。また、コメントの本文が5%以上英数字の投稿は制限されます。宣伝目的のスパムコメントはご遠慮下さい。

思い立ったが吉日

月別記事検索

WARP☆ZONE

はるまきちまき

★はるまきちまきプロフィール★★ うたうたい・おーまきちまきと、ピアニスト・HALMA GENが、2006年4月に電撃結成。ライブでは、オリジナル曲のほか様々なカバー曲ありピアノソロあり、ないたりわらったりきゅんとしたり。ピアノのほかダブルアコーディオン、洗濯板やカズーやそろばんやいろんな楽器がとびだします。「ぼくとつキャラ」ながら、幅広い年齢層に愛され、熱狂ファン増殖中。ライブハウスにかぎらず、各種イベント、集会、人権コンサート、病院、介護施設、小学校や養護学校などなど、場所をえらばず活躍が期待されています。

D-HCmikan710620.jpg

公演についてのお問い合わせは、「オフィスいぼがえる」おーまきちまき宛か、HALMAGEN宛にメールにてお問い合わせ下さい。

はるまきちまき1stCD

はるまきちまきファーストアルバム「収穫2」 郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●宛に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。●まったり、ぼくとつ・・・たねまきコンビ、すっとばしてまっす~●はるまきちまき ファーストアルバム『収穫2』げるまがえるれこーど GGR-001 2500円(税込)ジャケット COLOR PENCIL ART ミツル・カメリアーノ●GUEST MUSICIAN 田嶋翠(パーカッション)●おーまきちまきの声は、ただ清らかなだけではない。ハルマゲンの音は、ただ美しいだけではない。二人の融合は叙情ではなく、音と言葉の織りなす叙事詩として僕の耳に響く。生きる希望を捨てない「いたずら小僧」の哄笑が聞こえる。「浪花の唄う巨人 趙 博」●~~僕の脳裡には今、賢治の「告別」(「春と修羅」第二集より、門出を祝う詩)のラストが鳴り響いている。このピカピカの二人組の、輝かしい船出に乾杯! 「ライナーノート 大熊ワタル」

20070710152133.jpg

●収録曲             ないてわらってセバスチャン/しっぱいのうた(仮)/こうもりがさとでんしんばしら/月の下で/友だちへ/つるまきぐるぐる/くものかけらをたべてみる/おさんぽのうた/おたんじょうび おめでとう/かんぱいマイロード/オーソレミオ/しずかなよる

うらはるまきちまき

はるまきちまきのミニアルバム「ぼくとつわたし」。ライブ会場にてファーストアルバム「収穫2」をお買い上げの方のみ手に入れる事が出来るのです。石川でのレコーディング中の飲み会でHALMAGENが、飲んでべろべろになったおーまきちまきにインタビューした「対談」。素のおーまきがめっちゃ面白い。HALMAGENが歌う「ほんじゃらおりおりのうた」や、ダブルアコで石川県のお友達と盛上がったお笑いコーナーなどなど、、。「収穫2」とはまた違うはるまきちまきが聴けます。恥ずかしいけど、笑えます!!げるまがえるれこーど GGR-002 500円

uraharumakiomote.jpg

「収穫2」は2500円なので、3000円出してお釣りのかわりに、このミニアルバムをゲットしてみては如何?

HALMA GEN SOLO CD

郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。

PIANO SOLO「9TALES」(税込)2000円 TECHNO CD「電脳節」(税込)1500円         9tales.jpg         20060210072953.jpg

日本国憲法

第9条 1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 第21条 1、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2、検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 第25条 1、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜ヶ崎で趙博氏のライブがあります

06月29日(火)19:00〜
大阪市西成区
難波屋
趙博

趙博氏のライブに出演します。
■と き:6月29日(火)19:00~21:00(終演時刻厳守)
■ところ:難波屋
☆JR・南海「新今宮」、地下鉄「動物園前」下車。徒歩約5分。
☆南海「萩之茶屋」、阪堺線「今池」下車。徒歩約2分。
☆西成警察30メートル北(ワカランかったら「西成署どこ?」って誰かに訊いて)。
■チャージ:投げ銭

スポンサーサイト

インターネットラジオで聴けます

はるまきちまきの曲が使われてます。
ここのインターネットラジオで聴けます。


http://www.voiceblog.jp/hasshin/1151427.html

ココロとココロをつなぐプロジェクト「発心」
インターネットラジオを通して、様々な方に自己表現をする場を提供し、自己表現力の向上に取り組みます。 全8チームによる、週代わりの番組配信となります。共通のテーマを設け、それに対して各番組ごとに独自のアプローチを試みます。

第一回「化かしまShow!!!」
たぬQ工房の「化かしまShow!!!」です。

淡路島ではるまきちまき

06月26日(土)昼頃 
はるまきちまき  淡路島 保育士さんの研修会


祝島に行って来ました その3

06月20日(日)雨&霧時々曇り

祝島二日目は朝八時に宿の朝食をいただいて、午前中から散策開始です。

港から、山の中を歩いて4km。「平さんの棚田」まで行ってみる事にしました。

坂を上って、森を抜けて、竹やぶをくぐって歩く事1時間強。

雨が降り、霧がかかっていましたが、ときおり雲の隙間から見える海がきれいで黄泉の国にいるような風景。

びわの実が収穫どきです。山奥にもびわ園があって、島の人たちがトラクターで山道を走っていました。

挨拶すると、棚田にいくの?どこからきたの?とニコニコ。
みんなフレンドリーな人たちばかりです。

P1010407_20100625175950.jpg

P1010409_20100625175950.jpg

P1010410_20100625175949.jpg

P1010411_20100625175949.jpg

P1010412_20100625175949.jpg

P1010413_20100625175948.jpg

P1010414_20100625180308.jpg

P1010415_20100625180307.jpg

P1010416_20100625180307.jpg

P1010417_20100625180307.jpg

そして、やっと棚田に到着。行く途中で棚田のご主人や、来る時に船の中で出会った若者たちに会う。実はこの若者たちは、神戸大学の学生さんたちで、祝島にフィールドワークに来たとのことでした。

棚田の風景です。

P1010420_20100625181118.jpg

この棚田の岩は先人たちが海から運んできたそうな。
P1010423_20100625181117.jpg

棚田に自転車で来ていたおとうさん。この岩を見に岩国から来そうな。

これは母屋。
P1010424.jpg

P1010425.jpg

P1010426_20100625181116.jpg

こんな山奥に岩を運んで棚田を作るとは、それはそれはたいへんな労力だったんでしょうね。
驚きです。

P1010431_20100625183043.jpg

P1010432_20100625183043.jpg

さて次回の記事は、この日の午後、レンタサイクルで島の海岸を集落の反対側まで言った話。

祝島の放牧の豚さん

祝島で買って来た、放牧されてた豚さんたちのウインナーと、ベランダ菜園のサラダ菜をコラボしました。
とれたてのサラダ菜、放牧の豚さん。

祝島豚ウインナー01

祝島豚ウインナー02

豚さん達、海を見ながら育ってました。
有り難う豚さん、、、。

P1010449_20100623182506.jpg

美味しく頂いてます。お酒も進みます。

サラダ菜もしゃきしゃきでウインナーに合います。

実がなって来ました

枝豆が出来て来ました。いつの間にか小さな花が咲いていて、ここ五日間ほどで枝豆がどんどん出来て来てます。
後もう少しで、収穫可能。背が低いわりには沢山なってます。楽しみ楽しみ〜〜〜

20100623160459ad0.jpg

プチトマトは緑の実がすずなり。赤くなったら水をひかえておきましょう。甘くなるそうです。
どんどん伸びて、背は1メートルを越えてます。

201006231604581f6.jpg

サラダ菜はもうだいぶ食べて、最後の収穫です。空いた所を耕して追肥して何か植えましょう。
セリも真ん中でだいぶ大きくなって来てます。

20100623160458e21.jpg

201006231604586b7.jpg

エゴマはだいぶ大きくなってます。葉を摘んで早くケンニプ作らなあかん。

2010062316045803a.jpg


祝島に行って来ました その2

祝島に着いた夕方、島内に三軒ある旅館の一つ「みさき旅館」にチェックイン。
夕飯まで少し時間があったので、集落を散策に。
山の方や、集落の反対側までの散策は明日にするので、小中学校のある山の中腹や、港周辺を歩いてみた。

猫が沢山いる。第一遭遇猫ちゃんはこの子。なれなれだ。
なんと、、「猫スポット」が島のパンフレットにも記載されている。

iwaisima

棚田まで4km。そこへは明日行ってみることになった。
P1010397_20100622191750.jpg

集落の掲示板には、不老長寿マラソン、映画の上映、原発関係の反対署名情報などが貼ってある。
P1010399.jpg

港にある倉庫には、反対の看板が。
P1010400_20100622191750.jpg

港の連絡船の券売所。映画「祝の島」のポスターが貼ってあった。
釣り人へのお知らせなども書いてある。
P1010401.jpg

港近くのお寺さん。入り口の柱の形が変わっている。
P1010402_20100622191749.jpg

集落の路地は時が止まったように静かなたたずまい。
P1010403.jpg

祝島独特の石塀。
P1010404_20100622193203.jpg

港近くの海岸の風景
P1010405_20100622193203.jpg

P1010406_20100622193202.jpg

静かな凪の夕方。コンビニやパチンコ屋などはない。時々、軽自動車やバイクが走るが、それ以外は静寂が。
漁船のエンジン音が遠くから聞こえてきて、静かに港に入って来た。土曜日の夕方。島の人々もまばらだ。
ここ祝島でも、やはり「こんにちわ」のご挨拶でコミニケーションが始まった。島の人たちはとてもフレンドリーで、すぐ「何処から来たの〜〜?」となる。それが楽しくて嬉しい出会いとなるのだ。そしてそこから話し込んでしまうことも。
都会ではそういうことはあまりない、、、しかし関西ではまだある。東京では本当にそんなことはまれだった。

一昨年家島に行った時も、ご挨拶から話が始まったなあ。


次回は二日目の記事です。


祝島へ行って来ました その1

19日から今日まで、山口県上関町祝島へ、はるまきちまき二人で行って来ました。
今日からしばらく、その旅の日記を書きます。

この島は、島民500余名が暮らす、平和で静かな、歴史ある島。
しかし、高齢化が進んで若い人は余り住んでいないのです。

そして1982年から、対岸の上関町に町内を二分する原子力発電所立地問題が起きています。
祝島では島民の9割以上が反対しています。

この島の状況を現した映画が立て続けに二本完成し、その上映が始まりました。

僕らはるまきちまきはその現実をこの目で、耳で体で、感じたいという気持ちがあり、
祝島に行ってみようという事になりました。

たった二泊三日で何がわかるかと、島民の方々から叱られるかもしれませんが、僕らなりに感じた事を綴ってみたいと思います。
今回の旅で、偶然(必然かも?)一緒出来た、神戸大学の学生さんとの出会い。そして彼ら若人達の熱い想いなども参考にしたいと思っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

06月19日(土)
新神戸駅よりHIKARI レールスターで広島駅へ。
ここは広島カープのなわばりだ。カープ赤うどんがある立ち食い蕎麦屋。
P1010383_20100621205733.jpg

在来線に乗り換え、1時間20分。山口県の柳井港駅へ。
P1010384.jpg

P1010385.jpg

P1010386.jpg

P1010387_20100621205732.jpg

ツバメの巣が駅の社屋の軒下に。
P1010388_20100621205731.jpg

祝島へ渡る船は1日往復三便。うち柳井港まで来るのは1日往復二便のみ。
柳井港出港は15:30だ。かなり余裕をもって、出港1時間以上前に着いた。
おーまきはマドロスさん気分。
P1010389_20100621210406.jpg

出港ぎりぎりで乗って来た若者達がいて、、、この子達はなんなんだろうと思った。が、、
この旅で、彼らとは貴重な出会いになるということが、この時点ではわからなかったのである。
祝島へは途中、室津港や上関港を経由し、約65分。
P1010393_20100621210406.jpg

次回は祝島到着からの記事。

はやぶさ帰還

日本のjaxaが打ち上げ、多難を乗り越え、7年かけて戻って来た小惑星探査機の「はやぶさ」が昨日の晩、地球に帰還した。
小惑星「イトカワ」の土のサンプルを採取して、それが入ったカプセルがオーストラリアの砂漠に落下したようだ。

探査機本体は大気圏突入時にバラバラになって燃え尽きた様だが、カプセルの中にある、「イトカワ」の土のサンプルが気になる。
今後の分析が楽しみである。どうやらjaxaのスタッフは昨晩、それをすでに発見し今日午後回収するらしい。

さてそれとは別に、最近忘れられているようだが、、冥王星に向かっている「ニューホライズン」まだまだ時間がかかるようで、2015年到着とのこと。こちらも忘れてはいけない探査機だと思う。

シジミピアス

焼酎が好きで、よく飲むので、朝のシジミのみそ汁は欠かせません。

肝臓にいいですよね。

生きてるシジミにピアスを噛ませて遊びます。

あはは〜可愛いです。
いつも美味しく頂いてます。
シジミさん、有り難う!!

20100608174152d70.jpg

今日から6月

大変御無沙汰しておりました。ブログ再開します。

ベランダ農園で植物達が、元気に育っています。

サラダ菜。ちょっとひょろひょろですが、まびいて食べて、少しプランター内に余裕が出来ました。

空いている所にセリの根を植えたら、伸びて葉がでてきました。

20100601171102652.jpg

201006011711018fe.jpg

プチトマト、えごまは巨大化して、花が咲いて来ました。プチトマトの花の房は5〜6房はありそうです。
プチトマトの茎を竹の棒と荷造りひもで固定しました。
エゴマの葉はもう食べられそうです。

20100601171101f04.jpg

えだまめは、弱いのは間引いてしまいました。
背が高くなってきて、倒れそうになったので、竹の棒と荷造りひもで囲いを作りました。

20100601171102bcd.jpg

今後が楽しみです。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。