HALMA GEN

ピアノ、キーボード、アコーディオン奏者。現在、歌手おーまきちまきとのユニット「はるまきちまき」で活動中。おーまきが作詞作曲した歌の編曲も担当している。おーまきもアコーディオンを弾くので、「ダブルアコーディオン」なる、珍しいスタイルの出し物?もある。他の活動としては「浪花の歌う巨人」趙博とのライブ活動もある。

HALMA GEN

Author:HALMA GEN

おーまきちまき ホームページ  おーまきちまき ブログ     趙博 オフィシャルサイト    1959年北海道札幌生まれ  高校卒業後、東京へ移住 78年 70年代初期にファーイーストファミリーバンドで活躍していたベーシスト(現在“秦琴”奏者)深草アキと出会い、和風ロックバンド『観世音』を結成。 81年 『観世音』で、劇団ピープルシアターの手話劇『異説酒呑童子』の音楽制作に参加。ハンガリー公演や日本国内ツアーを行う。 その後、数々の演劇の音楽制作や、アイドル歌手のサポートなどを経験。TOM★CATの後期メンバーとして活動。 80年代後半に、人形アニメーター真賀里文子に出会い、その映画作品の音楽を作曲。 90年代、ロックバンドでの活動や、ワールドミュージックのユニットでの活動がメインに。95年 深草アキ氏の作曲によるNHKドラマ「蔵」の音楽制作に編曲と演奏の両面から参加。 00年 初のソロアルバム「9TALES」を発表。 その後、津軽三味線や薩摩琵琶のプレイヤーのサポート、李政美、趙博、知念良吉、寿[kotobuki]のサポートで活動。 06年 趙博の歌うキネマ『砂の器』公演に参加。 08年 神戸に拠点を移し『はるまきちまき』や、趙博との共演で関西を中心に活動。

メールアドレス

HALMAPHOTO.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 20061229152047.jpg

HALMA GENへのメールは上記へお送り下さい。携帯とパソコン兼用アドレスの為、添付ファイルは約1MBまでのサイズでお願いします。はるまきちまきでは、不定期ですがメールマガジン「つうしんこむらがえる」を、各地で出会ったお友達のアドレスにお送りしております。新規登録希望の方、送信アドレス変更の方は、上記アドレス宛にお知らせ下さい。はるまきちまきの最新情報をお送りします。

HALMA COUNTER

はるまカレンダー

今日のお月様はどんな? http://moon.jaxa.jp/ja/today/

徒然なる日々

今日は何の日???? http://koyomi8.com/

あれこれそれ

いらっしゃいませ~

■ご注意■当ブログでは、誹謗中傷や迷惑、猥褻なコメントを防止するため管理人の承認後公開されます。管理ページ及び、FC2アナライザーにてコメント投稿を常時監視しております。不快なコメントと判断した場合、禁止設定にてブラックリストに登録、内容も禁止ワードに登録します。また、コメントの本文が5%以上英数字の投稿は制限されます。宣伝目的のスパムコメントはご遠慮下さい。

思い立ったが吉日

月別記事検索

WARP☆ZONE

はるまきちまき

★はるまきちまきプロフィール★★ うたうたい・おーまきちまきと、ピアニスト・HALMA GENが、2006年4月に電撃結成。ライブでは、オリジナル曲のほか様々なカバー曲ありピアノソロあり、ないたりわらったりきゅんとしたり。ピアノのほかダブルアコーディオン、洗濯板やカズーやそろばんやいろんな楽器がとびだします。「ぼくとつキャラ」ながら、幅広い年齢層に愛され、熱狂ファン増殖中。ライブハウスにかぎらず、各種イベント、集会、人権コンサート、病院、介護施設、小学校や養護学校などなど、場所をえらばず活躍が期待されています。

D-HCmikan710620.jpg

公演についてのお問い合わせは、「オフィスいぼがえる」おーまきちまき宛か、HALMAGEN宛にメールにてお問い合わせ下さい。

はるまきちまき1stCD

はるまきちまきファーストアルバム「収穫2」 郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●宛に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。●まったり、ぼくとつ・・・たねまきコンビ、すっとばしてまっす~●はるまきちまき ファーストアルバム『収穫2』げるまがえるれこーど GGR-001 2500円(税込)ジャケット COLOR PENCIL ART ミツル・カメリアーノ●GUEST MUSICIAN 田嶋翠(パーカッション)●おーまきちまきの声は、ただ清らかなだけではない。ハルマゲンの音は、ただ美しいだけではない。二人の融合は叙情ではなく、音と言葉の織りなす叙事詩として僕の耳に響く。生きる希望を捨てない「いたずら小僧」の哄笑が聞こえる。「浪花の唄う巨人 趙 博」●~~僕の脳裡には今、賢治の「告別」(「春と修羅」第二集より、門出を祝う詩)のラストが鳴り響いている。このピカピカの二人組の、輝かしい船出に乾杯! 「ライナーノート 大熊ワタル」

20070710152133.jpg

●収録曲             ないてわらってセバスチャン/しっぱいのうた(仮)/こうもりがさとでんしんばしら/月の下で/友だちへ/つるまきぐるぐる/くものかけらをたべてみる/おさんぽのうた/おたんじょうび おめでとう/かんぱいマイロード/オーソレミオ/しずかなよる

うらはるまきちまき

はるまきちまきのミニアルバム「ぼくとつわたし」。ライブ会場にてファーストアルバム「収穫2」をお買い上げの方のみ手に入れる事が出来るのです。石川でのレコーディング中の飲み会でHALMAGENが、飲んでべろべろになったおーまきちまきにインタビューした「対談」。素のおーまきがめっちゃ面白い。HALMAGENが歌う「ほんじゃらおりおりのうた」や、ダブルアコで石川県のお友達と盛上がったお笑いコーナーなどなど、、。「収穫2」とはまた違うはるまきちまきが聴けます。恥ずかしいけど、笑えます!!げるまがえるれこーど GGR-002 500円

uraharumakiomote.jpg

「収穫2」は2500円なので、3000円出してお釣りのかわりに、このミニアルバムをゲットしてみては如何?

HALMA GEN SOLO CD

郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。

PIANO SOLO「9TALES」(税込)2000円 TECHNO CD「電脳節」(税込)1500円         9tales.jpg         20060210072953.jpg

日本国憲法

第9条 1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 第21条 1、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2、検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 第25条 1、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は秘密の書斎へ

今日から、しばらくは秘密の書斎で書類整理&パソコン内整理&譜面書きです。

静かな空間。たまにはこんな時間も必要ですね。

まずは、パソコン内の膨大なスキャナー画像をフォルダにふり分ける。

東京で生活してたころの未整理なものを二年振りに開いて整理を始める。

いやいやあ〜沢山あるなあ。外付けハードディスクにもバックアップしなければ、、、
スポンサーサイト

今日は荷造り

今日は荷造りしたりしてました。

明日よりとある場所に籠って、書類整理や、譜面書き、半田付けなど、、、

10日ほど、神戸から離れて一人で過ごす予定です。

ブログは更新できる環境ではありますが、気まぐれで、、

携帯やメールは繋がります。

03月03日の難波屋ライブまでには関西に戻ります。

旅に出ます。いってきま〜〜す。

声体文藝館 泥の河 趙博

02月19日(土)14:00〜開演
声体文藝館 「泥の河」
趙博
京丹波町質美振興センター


■と き:2月19日(土)13:30開場 14:00開演
■ところ:京丹波町質美振興センター
☆山陰本線「下山」下車
参加協力券:1000円
共催&お問い合わせ:鐘の鳴る丘農園・医療ゲリラ
090-8987-3849(姜鐘六)
kokangho@hera.eonet.ne.jp(こかんほ)

趙博氏と共演します。
今回は、アコーディオンでの共演です。

1116-1.jpg

03月19日夜追記

主催のKさん、そしてKさん、Dさん、Mさん、Mさんお世話になりました。
そして各地から来て頂いた皆様有り難う御座いました。
泥の河公演、今回もいい感じで演奏出来ました。

Mさんたちにクルマで亀岡に送って頂いて、皆で中華料理食べました。
美味かった〜〜〜ごちそうさまでした〜〜

京丹波へ前乗り

今日は、昼に家を出て、京丹波に。
尼崎からも福知山経由で行けるのですが、趙博氏と一緒に向かう為に京都経由で、、

京都から山陰線に乗り換えて下山駅で下車。

山間部のいい景色が広がっています。
主催者のKさんが迎えに来てくれて、会場でセッティングやリハをしました。

夕方には冷え込んで寒いです。
その後、温泉に入って、暖まりました。いやあ温泉はいいですね。

夕ご飯を頂き、大本教の宿泊施設へ泊りました。

趙博氏と相部屋でしたので、今後の方針などを話し合いました。

明日の「泥の河」公演が、楽しみです。

泥の河の台本確認

台本は紙で出来ている。何年も保存出来る「ハード」だ。

公演の本番で、パソコンは使わない。固まったり、起動しなかったりの心配がある。

第一、パソコンのディスプレイのバックライトが、照明さんに迷惑をかけるし、完全暗転ができなくなる。

ピアノを弾きながら、バックライトを消すのには、手足が足りない。
そのためにスタッフを入れるなんて事もナンセンスだ。

というわけで、紙の台本や譜面が一番良い。

今夜は、台本をチェック。明後日は京丹波で趙博氏と「泥の河」の公演。

泥の河

書籍の電子化に疑問あり

書籍の電子化には疑問がある。

それはハードとソフトの関係だ。

CDRやハードディスクなるものは何千年も保存出来る物なんだろうか?
聞くところによると、直射日光にあてたり高温の場所においてたりすると、だめらしい。

例えばその中の情報をコピーペイストしてバックアップしていっても、天変地異が起きて電気が止まりCDRやハードディスクの製造工場が停止したら、、、

紙や動物の皮、石に記された情報は、たとえ天変地異が起きたとしても高山の洞窟などに保存してあれば、何百年何千年ともつ「ハード」なのである。

書籍の電子化は、遠い未来まで情報を伝えることが(現文明が消滅して、別の文明が現れたら)出来なくなるのではないだろうか?
ピラミッド文明以前にも、高度文明があったと言う説がある。もしその文明で「コンピューター」があったとしたら、そして何千年も保存出来るハードがあったのであれば、現代にもなんらかの形跡が残っているはずである。

しかしそんなものは発見されていない。いやどこかに隠されているのかもしれないが、、、
考えられるのは、以前に高度文明は存在しなかったか、ハードがすべて土に帰ってしまったのか、、

現在残って居るのは、石板や石の壁などに描かれた情報だけだということだ。
何千年〜何万年と「ハード」と「ソフト」が残っているのだ。




書類の整理、部品の収納

取扱説明書が山の様に。沢山の電気製品があるので。

棚に雑然と入っていたのを、分類しファイルに。

そうとうな厚さになる。よくもまあこんなに、、、
押し入れ用衣裳ケース(奥行き約90cm)に満杯。


作り物の設計図も分けて、別ファイルにまとめた。
随分色々作って来たもんだ。

電子部品の棚も整理して、ばらばらだったものを分類する。
小さいものは、むしめがね登場で分類。

一日がかりの作業だった、、、

話は別だが、、、

昔から、年を重ねた方々が、言うコトバ。
「近ごろの若い者は、、、」
ボクの個人的な意見では、このコトバは余り使いたくないのである。
だって、その若い者を育てたのは上の世代の人々じゃないだろうか?

上の世代の人々が、高度経済成長による物質至上主義を、若い者に押しつけて「無気力」にさせたんではないだろうか?
創意工夫はハングリー精神から生まれて来る。

上の世代の人々も若い頃は、言われたはずだ。

革新的な創意工夫は、柔軟な若い頭脳から生まれて来る。

近ごろの、、なんていって文句ばかり言ってないで、そっと背中を押してあげて応援してあげるのが上の世代の責任ではないだろうか。

色々な集会で演奏する機会が多いが、労働運動の集会では、年上の世代と若い世代のパイプが細いの感じる。
ちょうどボクの世代の上と下になる。間にはさまれているボクはそのパイプが太くなり、接続役が出来ればと思っている。

ユニオンも次の世代に伝えていくのが大切だ。

一石レフレックスラジオ完成

一石レフレックスラジオを作った。
ネットで公開されている回路だが、検波回路の1n60の後の固定抵抗10kをVRにして、感度調整が出来る様にした。

レフレックスラジオは、アンテナの状態などで発振しやすいので、VRがあったほうがいい。
久し振りにラグ板で半田付け。懐かしい製作。
バーアンテナのSL-55GTは、ゴム足四個でケースの幅に合わせてボンド付け。
スピーカーは雨降り検知器用の木箱スピーカーがあるので、内蔵せずミニジャックにて出力する。

大きい音ではないが、50cmくらいのアンテナ線で十分聴こえる。
これより長いアンテナでは、感度は上がり音量も大きくなるなるのだが、発振気味になるので、結局VRを絞ることになる。

トランジスタ一石だけでも、スピーカーが鳴る。感度、選択度はそれなりだが、レフレックス恐るべし。

1trref03.jpg

1trref04.jpg

ストレートラジオは面白い。この超アナログ感がたまらないのだ。

1trref05.jpg

一石レフレックスラジオを作ろう

トランジスタ一個でスピーカーを鳴らす。
ここにこだわるのだ。

今回は、家にあるストック部品を活用するために、これを作る。

1trref01.jpg

かまぼこ板でバラックか、プラケを使うか、、迷っているのだが、、

一石(2SC1815)だけでスピーカーを鳴らすレフレックスラジオ。

ラグ板を使って、昔風に配線。懐かしい。

検波はゲルマニュームダイオード1N60
バーアンテナは、あさひ通信のSL-55GT
2,2mHのRFC。これ最近、あんまり売ってない。
出力トランスは、ST-32ではなく、ET-32。
中学生時代を思い出す。

1trref02.jpg

じゃがバターは故郷の味

今夜は、じゃがバターとか色々なアテで、晩酌です。

いやあ、故郷の味ですなあ。

美味い美味い。

jagaba.jpg

巷では、なんだか甘いものが話題に登っていますが、、
酒飲みのボクには余り興味が無い。

2・13 神戸空港反対・市民の集い

02月13日(日)14:15開始
2・13 神戸空港反対・市民の集い
神戸市勤労会館 2F多目的ホール
三ノ宮 中央区役所西側
はるまきちまき


空港に市税を投入するな!空港廃港を実現しよう!
2・13 神戸空港反対・市民の集い

講演:知花昌一さん(沖縄読谷村前村議・反戦地主)

歌と演奏:はるまきちまき(おーまきちまき・はるまげん)

資料代ほか:1000円(大学生・高校生半額、中学生以下無料)

主催:神戸空港の中止を求める市民の会

お問い合わせ:090-9540-1959(松原)

201102131.jpg

201102132.jpg

追記

主催の皆さん、来て頂いた100名近くの皆様。
はるまきちまきを聴いて頂き、有り難う御座いました。
そして、CDを購入して頂いた皆様、有り難う御座いました。

神戸空港。その現状。大変勉強になりました。

世界が平和であるためには、、
軍港化はいけません。
そして、大阪湾の自然を維持するためにも、、

知花昌一さんの沖縄の現状も、勉強になりました。
ヘリパットのこと、、皆さんご存知ですか?
メディアでは報道されていません。

めでたいめでたい

今日は趙博氏と、来週演じる京丹波での「泥の河」のリハーサル。

今回はアコを使うので、細部まで綿密に打合せ。

その後、趙博氏のファンのお二人の結婚式の二次会に呼ばれて、二人でライブ。

おめでとうございます!!Nくん、Nさん!!

おしあわせに!!

その時の写真。趙博氏の日記から、お借りしました。
http://fanto.org/diary-new/entry.cgi?date=20110212

1136-1.jpg

1136-2.jpg

ゲルマラジオにこだわって

中学生の時から大切にしているゲルマラジオ。
この基本型から、今のボクのラジオ製作趣味が始まっている。

並四コイルは、その当時のtrio製のもの。バリコンもその当時のもの。
1Mの抵抗は、昔白黒テレビを解体したときに出て来たオールドタイプ。
100PFのコンデンサは、残念ながら少し新しいもの。
アンテナとアースの端子台も古いテレビから取ったねじ止めタイプ。

1N60のゲルマニュームダイオードは三十年ものだったが、、、
倍電圧検波のその二つは、最近引退。
新しい1N60に代替わりした。

ゲルマラジオも進化させている。
クリスタルイヤホンは、ミニジャックで接続。
ケースも何回も代替わりしている。

今回は、ロングワイヤーアンテナに接続するため、RCAピンジャックを増設。

germapin.jpg

今夜はシマホッケで一杯

実家から送られて来た、シマホッケを解凍する。

でかいし、あぶらがのってる、、

佐藤水産のホッケの開きだ。

さっそく魚焼きあみで、、、
いやああああ〜美味い美味い!!

故郷の味。少し醤油をたらして、、、

これ一匹だけでも、酒は進むし、お腹もいっぱいになる。

shimahottke.jpg

ロングワイヤーアンテナ

マンションや集合住宅は、木造平屋の家などに比べて、室内での短波放送受信に不向きである。
というのは、建物に使われている鉄骨や、サッシなどが金属であるため、アースシールドとなり、電波が入ってこないから。

ベランダから、アンテナを出すのを禁止している物件も多いので、短波受信愛好者には大変不利である。

SONYからAN-12というプリアンプ付きのベランダ設置用のアンテナもあるが、(ボクも使っている)ゲルマラジオのアンテナとしても使えるロングワイヤーアンテナが欲しくなる。
室内に張っても余り効果が無い。
またそんな大きなアンテナを張れるような建物でもない。

そこで部屋に来ている、コンセント、ケーブルテレビ、電話線、インターホンなどのラインに線を巻付けて、一番電波が入って来そうな所を探した。
ゲルマラジオを持って室内至る所に巻付けてみた。その結果、予想はしてたが電話線が一番電波を拾っていた。
大阪、神戸のAMローカルがほとんど受信出来た。

long wire02

そこで、回線のモジュラージャックからの線にアンテナ線を巻付けて、ラジオシャックまで引っ張った。

long wire01

IC-R75につないで、7580KHzのピョンヤン放送が、ほぼフルスケールで入る。
今後作る色々なラジオの実験にも使えそうである。

キットをいろいろ製作する

今日は午前中から、温度・湿度センサーユニットをベランダに設置。
バスコークで十分に防水して、軒下に貼付けた。

USBケーブルを延長して、エアコンの室外機の配管の穴に通す。
USBケーブルが外に配線されるなんて、今までしたことがないが、、
ユニットを含め、風雨に耐えられるか、しばらくこのままにしてみよう。

さて、午後からはキットを色々製作。
ワンダーキット三台、あっという間に完成する。

キット製作01

スーパーメロディーICは、少し製作に時間がかかった。

電子小鳥とサウンドジェネレーターは簡単。すぐ完成。一発動作OK
.
いやあ〜色んな音がして面白い。

キット製作02

スーパーメロディーICは、選曲とアレンジが面白い。8音ポリフォニックがなかなかいい。
電子小鳥はランダムに鳴くのが、まったりしていいなあ。
サウンドジェネレーターは、よくあるサイレン音などが六種類。

さてどうやって使おうか。ドアセンサーとか、通過センサーとか、人体センサーとか、、、
いろいろ組み合わせが考えられる。

今夜の関西地方は雨

雨が降って来た。

突然、大きな声で「雨降り検知器」がしゃべりだしてびっくりする。

どうやら、検知板が完全に濡れるまで何回か検知を繰り返す。

そのため、三〜四回はアナウンスしてくれるので、面白い。

雨により、今は完全に検知板が濡れて、降雨中のLEDが点灯中。

雨降り検知器。確実に動作。大成功である。

amefuri15.jpg

やきそば弁当 ちょい辛

今日のお昼御飯は、、

やきそば弁当「ちょい辛」だ。

今回は、スープにワカメを追加。
やきそばにマヨネーズを追加。

これで、実家から送られて来たものは終わり。

神戸のスーパーで、探してみようかなあ〜〜

やきそば弁当。たまに食べたくなるんだよなあ〜〜

yakibenn06.jpg

yakibenn07.jpg

yakibenn08.jpg

中古車屋めぐり

相方が、クルマを買いに行くというので、今日は自転車で中古車屋さんめぐりをした。

軽自動車がいいということで、一軒目、二軒目と見ていく。

一軒目は二台おいてあったが、駐車場が狭く、内部を見るだけ。
二軒目はワゴンRに試乗。相方の運転するクルマに初めて乗る、、、

相方は、もっと沢山のクルマを見たかったらしいが、このあたりの中古車屋さんは敷地が狭く、余り沢山おいていない。

結局、三軒目の「ガリバー」さんで、パソコンで全国各地の中古車を検索。

現物には乗れないが、一時間半探して、良さそうなのをみつけた。
H13年製 スズキ ワゴンR FM-T LTD。
パールホワイトの可愛いクルマだ。
相方らしい選択。

WAGON R

後部座席を倒すと、床がフラットになるので、楽器を積みやすい。
76鍵のデジピがぎりぎり乗せられるのだ。

駐車場も契約して、あとはクルマが来るのを待つのみだ。

東洋水産のやきそば弁当

これ、、本州ではあまり売ってなくてね、、
実家から送られてきた。久し振りの味、、

yakibenn01.jpg

たま〜〜にしか見つけられない。
北海道では定番のやきそば弁当。

ネットでは買えるんだがねぇ。宅急便代を加えたら、高くつくのでねぇ、、

yakibenn02.jpg

麺を戻したお湯を、粉末スープに注ぐという無駄の無い発想。

yakibenn03.jpg

関西では、この無駄の無い発想は受けると思うのだが、、

yakibenn04.jpg

未だに全国区にはならないのが不思議である。

yakibenn05.jpg

書道ガールズを観た

昨年10月に、はるまきちまき&趙博で訪れた愛媛県の四国中央市。

製紙工場のある町。紙の町だ。

瀬戸内海を北に見る。工場の煙突は町のシンボルだ。

しかし、その駅前はシャッター通り。過疎化。

しかし、人々は「書道甲子園」で町を活性化しようと頑張っている。

映画、「書道ガールズ」を観た。

SHODOU.jpg

WONDER KIT スーパーメロディIC製作記事NO.01

雨降り検知器&60秒デジタルレコーダー
USB 温度・湿度計測モジュール
などを順調に製作してきた。

いやあ〜半田付けは、楽しい。作る喜び。
そして、実用に耐える改造など、、

この創意工夫が面白くて、やめられない。
テレビなんかをダラ見しなくても、いい時間が過ごせる。

ダラ見なんかしていると、生きてる時間を無駄にしている。

さて今回は、ワンダーキットさんの「スーパーメロディIC」の製作だ。

8音ポリフォニックの12曲入りがPICでプログラムされている。
さあ、どうやって利用しようか。まずは作ってみよう。

201102052122577c3.jpg

クルマ選び

相方がついに自動車免許を取得したので、クルマ選びが始まった。

ボクは乗らないので、クルマの事はさっぱりわからない。

まずは、、ぶつけてもいいように、中古車にしようという話である。

ワゴンアール?とかいう軽自動車の四角いやつにしようかと言っている。

しかしまあ、、、中古車の本。分厚い。こんなにクルマが剰っているんか、、

それなのに、テレビではクルマのCMが多い。

供給過剰なのでは???

KURUMA.jpg

とりあえずケースに

USB 温度・湿度測定モジュールを、プラスチックケースを加工して入れてみた。

これをバスコークで防水する予定。

センサーを筒状のパイプで覆って、バスコークを注入してみる予定だ。

そのほかの隙間や、USBケーブルのプラグなどもバスコークで塞ぎ、なるべく雨風のあたらない軒下に設置予定だ。

KEISOKU04.jpg

KEISOKU05.jpg

USB 温度・湿度測定モジュール

USB 温度・湿度測定モジュールを作った。
非常に小型だ。

KEISOKU01.jpg

センサーである、SHT-11は1.27mmピッチのリード線なので、半田付けには虫めがねを使用する。
極細の半田が付属しているので、助かる。

とても小さい基板だ。

KEISOKU02.jpg

ドライバーをインストールすると、計測の表示が始まった。

KEISOKU03.jpg

これをベランダの軒下に設置するための、防水ケースを今後考える。

エジプトの暴動

エジプトでは大変な状況になっている。

CNNやBBCでは、ライブ扱いで報道中だ。

死人やけが人も出ている。

反大統領派と親大統領派が、投石などで喧嘩になっているのだ。

人の生死がかかわっている。とても心配だ。

今後どうなるのだろう、、、

オーストラリアでは、洪水の後のハリケーン。


この国の国内のニュースといえば、、、

どこぞのスポーツ界の「八百長」について、、
ばかりの報道。知らんがな!!
まったくの平和ボケだ。

危機感はないのか、、、
貧困と格差の問題は、この国でも存在している。

神戸市電のこと

昔、ここ神戸市内では、路面電車が走っていた。

相方のおーまきが、パソコンで自動車免許取得の学科の予習をしている時に、やたら路面電車に関する問題が出て来た。
ここ神戸にはもうないから、市内を走るときはかんけいないなあ、と言っていた。

おーまきが幼少の頃、「花電車」なるものをみたという。
むかし、ストリップ劇場の宣伝の立て看板に「花電車」と書いてあったが、それとは違うが。

神戸市電はその昔、サービスや車両のデザインなどは最先端だったらしい。
東洋一の路面電車とも言われていたのだ。

残念ながら、経営がたちゆかなり、1971年に廃業した。
時代はモータリゼーション。車に客を取られてしまったのだ。

東は、石屋川、脇浜町。西は板宿、須磨までのかなり長い路線。
山側は平野、海側は和田岬や税関前まで。

その歴史が気になったので、NEKO PUBLISHING社 

「全盛期の神戸市電」(上) 小山敏夫 著
「全盛期の神戸市電」(下) 小西滋男・宮武浩二 著

を購入。

昔の市電の姿や、神戸の町並み。写真もすばらしい。
「花電車」の写真も載っている。
神戸は昔から、美しいまちだったんだなあ。

shidenn.jpg

旧正月ですね

旧正月
あけまして
おめでとう
ございます


今年もやっと明けました〜〜

本年も宜しくお願い致します。


ぼくにとっては、今日がお正月です。アジアの人間ですからね。

tosiake01.jpg

今日は朝から「年明けうどん」を食べました。
日清さんのもの。

オタフクさんの天かすを追加して、、、
このうどん、なかなかスープがグッド。

tosiake02.jpg

雨降り検知器製作記事NO.05

そして、、スピーカーユニットの製作です。

この木箱は、栃木県に行った時に頂いた益子焼の湯飲みの入っていた箱。
これをスピーカーユニットの箱に使うのは忍びないのだが、、、

余りにもサイズがぴったりなので、、使わさせてもらう事にしました。
奥行きもあり、木も柔らかく加工しやすい。

もう一つ箱があるので、それは残しておきます。
(ステレオ仕様にはしない。あくまでこの一つのみで)

amefuri07.jpg

蓋を7.1cmの直径でくりぬいて、、、スピーカーをボンド付け。
1Wそこそこしか入力出来ないので、ねじ止めはせず。

amefuri09.jpg

そして箱本体の加工。線材のブッシングや、ゴム足も付けました。

amefuri10.jpg

そして完成。雨降り検知器につないで、音を聴いてみました。
おーーっ!!かなり音質改善。聴きやすくなりました。

amefuri11.jpg

いよいよ、セッティングですが、、ベランダに検知基板を出すと、室内で動作チェックが出来なくなるので、テストスイッチを付けた。
この写真の後、チャタリングが気になったので、0.1マイクロのコンデンサをスイッチに並列に追加。
C-MOSは立ち上がりが速いから、、

amefuri12.jpg

ベランダの手すりに検知基板を貼付けた。今日は天気がいいので、テストは出来ないが、、
これから暫くは、雨も雪も降らないらしい、、とほほ、、、

amefuri13.jpg

本体に、表示を貼付けた。これで完成!!
配線して、スピーカーも設置して、机の棚にセット完了。雨が降るのを待つのみ、、、

amefuri14.jpg

雨降り検知器製作記事はこれで無事終了です。

雨降り検知器製作記事NO.04

本当は素敵なケースに入れたかったんだけど、、、

やはり、スケルトンのプラケが好きなのと、加工が楽なので、、、

こうなりました。ちょっと妥協です。

基板を二枚、収めてみました。



amefuri04.jpg



amefuri05.jpg

指でさわっても、雨が降って来たよと言ってます。

amefuri06.jpg

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。