HALMA GEN

ピアノ、キーボード、アコーディオン奏者。現在、歌手おーまきちまきとのユニット「はるまきちまき」で活動中。おーまきが作詞作曲した歌の編曲も担当している。おーまきもアコーディオンを弾くので、「ダブルアコーディオン」なる、珍しいスタイルの出し物?もある。他の活動としては「浪花の歌う巨人」趙博とのライブ活動もある。

HALMA GEN

Author:HALMA GEN

おーまきちまき ホームページ  おーまきちまき ブログ     趙博 オフィシャルサイト    1959年北海道札幌生まれ  高校卒業後、東京へ移住 78年 70年代初期にファーイーストファミリーバンドで活躍していたベーシスト(現在“秦琴”奏者)深草アキと出会い、和風ロックバンド『観世音』を結成。 81年 『観世音』で、劇団ピープルシアターの手話劇『異説酒呑童子』の音楽制作に参加。ハンガリー公演や日本国内ツアーを行う。 その後、数々の演劇の音楽制作や、アイドル歌手のサポートなどを経験。TOM★CATの後期メンバーとして活動。 80年代後半に、人形アニメーター真賀里文子に出会い、その映画作品の音楽を作曲。 90年代、ロックバンドでの活動や、ワールドミュージックのユニットでの活動がメインに。95年 深草アキ氏の作曲によるNHKドラマ「蔵」の音楽制作に編曲と演奏の両面から参加。 00年 初のソロアルバム「9TALES」を発表。 その後、津軽三味線や薩摩琵琶のプレイヤーのサポート、李政美、趙博、知念良吉、寿[kotobuki]のサポートで活動。 06年 趙博の歌うキネマ『砂の器』公演に参加。 08年 神戸に拠点を移し『はるまきちまき』や、趙博との共演で関西を中心に活動。

メールアドレス

HALMAPHOTO.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 20061229152047.jpg

HALMA GENへのメールは上記へお送り下さい。携帯とパソコン兼用アドレスの為、添付ファイルは約1MBまでのサイズでお願いします。はるまきちまきでは、不定期ですがメールマガジン「つうしんこむらがえる」を、各地で出会ったお友達のアドレスにお送りしております。新規登録希望の方、送信アドレス変更の方は、上記アドレス宛にお知らせ下さい。はるまきちまきの最新情報をお送りします。

HALMA COUNTER

はるまカレンダー

今日のお月様はどんな? http://moon.jaxa.jp/ja/today/

徒然なる日々

今日は何の日???? http://koyomi8.com/

あれこれそれ

いらっしゃいませ~

■ご注意■当ブログでは、誹謗中傷や迷惑、猥褻なコメントを防止するため管理人の承認後公開されます。管理ページ及び、FC2アナライザーにてコメント投稿を常時監視しております。不快なコメントと判断した場合、禁止設定にてブラックリストに登録、内容も禁止ワードに登録します。また、コメントの本文が5%以上英数字の投稿は制限されます。宣伝目的のスパムコメントはご遠慮下さい。

思い立ったが吉日

月別記事検索

WARP☆ZONE

はるまきちまき

★はるまきちまきプロフィール★★ うたうたい・おーまきちまきと、ピアニスト・HALMA GENが、2006年4月に電撃結成。ライブでは、オリジナル曲のほか様々なカバー曲ありピアノソロあり、ないたりわらったりきゅんとしたり。ピアノのほかダブルアコーディオン、洗濯板やカズーやそろばんやいろんな楽器がとびだします。「ぼくとつキャラ」ながら、幅広い年齢層に愛され、熱狂ファン増殖中。ライブハウスにかぎらず、各種イベント、集会、人権コンサート、病院、介護施設、小学校や養護学校などなど、場所をえらばず活躍が期待されています。

D-HCmikan710620.jpg

公演についてのお問い合わせは、「オフィスいぼがえる」おーまきちまき宛か、HALMAGEN宛にメールにてお問い合わせ下さい。

はるまきちまき1stCD

はるまきちまきファーストアルバム「収穫2」 郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●宛に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。●まったり、ぼくとつ・・・たねまきコンビ、すっとばしてまっす~●はるまきちまき ファーストアルバム『収穫2』げるまがえるれこーど GGR-001 2500円(税込)ジャケット COLOR PENCIL ART ミツル・カメリアーノ●GUEST MUSICIAN 田嶋翠(パーカッション)●おーまきちまきの声は、ただ清らかなだけではない。ハルマゲンの音は、ただ美しいだけではない。二人の融合は叙情ではなく、音と言葉の織りなす叙事詩として僕の耳に響く。生きる希望を捨てない「いたずら小僧」の哄笑が聞こえる。「浪花の唄う巨人 趙 博」●~~僕の脳裡には今、賢治の「告別」(「春と修羅」第二集より、門出を祝う詩)のラストが鳴り響いている。このピカピカの二人組の、輝かしい船出に乾杯! 「ライナーノート 大熊ワタル」

20070710152133.jpg

●収録曲             ないてわらってセバスチャン/しっぱいのうた(仮)/こうもりがさとでんしんばしら/月の下で/友だちへ/つるまきぐるぐる/くものかけらをたべてみる/おさんぽのうた/おたんじょうび おめでとう/かんぱいマイロード/オーソレミオ/しずかなよる

うらはるまきちまき

はるまきちまきのミニアルバム「ぼくとつわたし」。ライブ会場にてファーストアルバム「収穫2」をお買い上げの方のみ手に入れる事が出来るのです。石川でのレコーディング中の飲み会でHALMAGENが、飲んでべろべろになったおーまきちまきにインタビューした「対談」。素のおーまきがめっちゃ面白い。HALMAGENが歌う「ほんじゃらおりおりのうた」や、ダブルアコで石川県のお友達と盛上がったお笑いコーナーなどなど、、。「収穫2」とはまた違うはるまきちまきが聴けます。恥ずかしいけど、笑えます!!げるまがえるれこーど GGR-002 500円

uraharumakiomote.jpg

「収穫2」は2500円なので、3000円出してお釣りのかわりに、このミニアルバムをゲットしてみては如何?

HALMA GEN SOLO CD

郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。

PIANO SOLO「9TALES」(税込)2000円 TECHNO CD「電脳節」(税込)1500円         9tales.jpg         20060210072953.jpg

日本国憲法

第9条 1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 第21条 1、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2、検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 第25条 1、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画とDVD、二本立て

先日、神戸の映画館で、「サイドカーに犬」を観て来た。音楽を友人の大熊ワタル氏が担当しているからだ。80年代、携帯電話などがまだ普及してなかった頃の、日本の良き時代の人々の愛情を描いている。
【ストーリー】
不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食には、「エサ」と言って麦チョコを食べさせる、破天荒な人だった。しかし、子供と対等に向き合って話をしてくれるヨーコさんを薫は好きになっていく…。
長嶋有のデビュー作を『雪に願うこと』の名匠、根岸吉太郎が映画化。主演は、2年ぶりの映画出演となる竹内結子だ。『いま、会いにゆきます』など、はかなげな役が多かった竹内結子が、ぶっきらぼうだが、おおらかで愛情深いヨーコを颯爽と演じている。今までにない、カッコいい竹内結子を楽しめる。ヨーコを慕う子供時代の薫を演じたのは、『ハリヨの夏』の松本花奈。小学4年生の女の子と言えば、大人の世界に憧れながらも、まだ遠くから覗いている年頃。ヨーコと出会うことで、自分らしさを解き放つ楽しさを知り、成長していく様を自然体で演じている。父親に頭突きをし、「ワンワン!」と吠えるシーンが、本作のテーマを象徴している。
監督 根岸吉太郎
出演 竹内結子 古田新太 松本花奈 ミムラ 鈴木砂羽 トミーズ雅 温水洋一 樹木希林 椎名桔平

もうひとつは、50年代の高度成長期に、片親で育てられた子が、生活苦により、母親の実家のおばあちゃんに預けられて成長して行く様を描いた、「佐賀のがばいばあちゃん」。
【ストーリー】
新幹線の車中、デッキで得意先と話していた会社員・岩永明広は、母と離れ一人旅の寂しさに泣きべそをかいている少年に出会った。どこかで見た光景だと思った途端、車内は昭和32年当時の客車に変わっている。窓に泣き顔をくっつけている少年、それは、44年前の明広本人だった。
【キャスト】
吉行和子/浅田美代子/鈴木祐真/池田晃信/池田壮磨/緒形 拳(特別出演)/三宅裕司(特別出演)/島田紳助(友情出演)/島田洋八(友情出演)/山本太郎/工藤夕貴
【スタッフ】
原作:島田洋七「佐賀のがばいばあちゃん」(徳間文庫刊)
脚本:山元清多/島田洋七
監督:倉内 均
原作:島田洋七/監督:倉内均/出演:吉行和子/出演:浅田美代子/出演:緒形拳/出演:三宅裕司/脚本:山本清多/音楽:坂田晃一
※発売元:ティ・ジョイ/東映ビデオ

昭和32年、広島の母の元を離れ佐賀にいる祖母と暮らすことになった明弘は、貧乏暮らしでも明るく生きるばあちゃんから様々なことを学んでいく。島田洋七の同名ベストセラーが原作の感動ドラマ。吉行和子、緒形拳ほか出演。(2006/日本)

この二作は時代背景こそ違うが、共通する世界観を見つけたのだった。この国は家族愛をも犠牲にしながら、無理な経済成長を強いられて来たのだろうか?どこに置いて来てしまったのだろうか?

ランキングに参加中!バナーをクリックしてくれると順位が上がるんですよ。ぜひお願いします。 
スポンサーサイト

<< 7月15日、趙博氏のサポートで出演します  【BACK TO HOME】  つるまきぐるぐる >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。