HALMA GEN

ピアノ、キーボード、アコーディオン奏者。現在、歌手おーまきちまきとのユニット「はるまきちまき」で活動中。おーまきが作詞作曲した歌の編曲も担当している。おーまきもアコーディオンを弾くので、「ダブルアコーディオン」なる、珍しいスタイルの出し物?もある。他の活動としては「浪花の歌う巨人」趙博とのライブ活動もある。

HALMA GEN

Author:HALMA GEN

おーまきちまき ホームページ  おーまきちまき ブログ     趙博 オフィシャルサイト    1959年北海道札幌生まれ  高校卒業後、東京へ移住 78年 70年代初期にファーイーストファミリーバンドで活躍していたベーシスト(現在“秦琴”奏者)深草アキと出会い、和風ロックバンド『観世音』を結成。 81年 『観世音』で、劇団ピープルシアターの手話劇『異説酒呑童子』の音楽制作に参加。ハンガリー公演や日本国内ツアーを行う。 その後、数々の演劇の音楽制作や、アイドル歌手のサポートなどを経験。TOM★CATの後期メンバーとして活動。 80年代後半に、人形アニメーター真賀里文子に出会い、その映画作品の音楽を作曲。 90年代、ロックバンドでの活動や、ワールドミュージックのユニットでの活動がメインに。95年 深草アキ氏の作曲によるNHKドラマ「蔵」の音楽制作に編曲と演奏の両面から参加。 00年 初のソロアルバム「9TALES」を発表。 その後、津軽三味線や薩摩琵琶のプレイヤーのサポート、李政美、趙博、知念良吉、寿[kotobuki]のサポートで活動。 06年 趙博の歌うキネマ『砂の器』公演に参加。 08年 神戸に拠点を移し『はるまきちまき』や、趙博との共演で関西を中心に活動。

メールアドレス

HALMAPHOTO.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 20061229152047.jpg

HALMA GENへのメールは上記へお送り下さい。携帯とパソコン兼用アドレスの為、添付ファイルは約1MBまでのサイズでお願いします。はるまきちまきでは、不定期ですがメールマガジン「つうしんこむらがえる」を、各地で出会ったお友達のアドレスにお送りしております。新規登録希望の方、送信アドレス変更の方は、上記アドレス宛にお知らせ下さい。はるまきちまきの最新情報をお送りします。

HALMA COUNTER

はるまカレンダー

今日のお月様はどんな? http://moon.jaxa.jp/ja/today/

徒然なる日々

今日は何の日???? http://koyomi8.com/

あれこれそれ

いらっしゃいませ~

■ご注意■当ブログでは、誹謗中傷や迷惑、猥褻なコメントを防止するため管理人の承認後公開されます。管理ページ及び、FC2アナライザーにてコメント投稿を常時監視しております。不快なコメントと判断した場合、禁止設定にてブラックリストに登録、内容も禁止ワードに登録します。また、コメントの本文が5%以上英数字の投稿は制限されます。宣伝目的のスパムコメントはご遠慮下さい。

思い立ったが吉日

月別記事検索

WARP☆ZONE

はるまきちまき

★はるまきちまきプロフィール★★ うたうたい・おーまきちまきと、ピアニスト・HALMA GENが、2006年4月に電撃結成。ライブでは、オリジナル曲のほか様々なカバー曲ありピアノソロあり、ないたりわらったりきゅんとしたり。ピアノのほかダブルアコーディオン、洗濯板やカズーやそろばんやいろんな楽器がとびだします。「ぼくとつキャラ」ながら、幅広い年齢層に愛され、熱狂ファン増殖中。ライブハウスにかぎらず、各種イベント、集会、人権コンサート、病院、介護施設、小学校や養護学校などなど、場所をえらばず活躍が期待されています。

D-HCmikan710620.jpg

公演についてのお問い合わせは、「オフィスいぼがえる」おーまきちまき宛か、HALMAGEN宛にメールにてお問い合わせ下さい。

はるまきちまき1stCD

はるまきちまきファーストアルバム「収穫2」 郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●宛に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。●まったり、ぼくとつ・・・たねまきコンビ、すっとばしてまっす~●はるまきちまき ファーストアルバム『収穫2』げるまがえるれこーど GGR-001 2500円(税込)ジャケット COLOR PENCIL ART ミツル・カメリアーノ●GUEST MUSICIAN 田嶋翠(パーカッション)●おーまきちまきの声は、ただ清らかなだけではない。ハルマゲンの音は、ただ美しいだけではない。二人の融合は叙情ではなく、音と言葉の織りなす叙事詩として僕の耳に響く。生きる希望を捨てない「いたずら小僧」の哄笑が聞こえる。「浪花の唄う巨人 趙 博」●~~僕の脳裡には今、賢治の「告別」(「春と修羅」第二集より、門出を祝う詩)のラストが鳴り響いている。このピカピカの二人組の、輝かしい船出に乾杯! 「ライナーノート 大熊ワタル」

20070710152133.jpg

●収録曲             ないてわらってセバスチャン/しっぱいのうた(仮)/こうもりがさとでんしんばしら/月の下で/友だちへ/つるまきぐるぐる/くものかけらをたべてみる/おさんぽのうた/おたんじょうび おめでとう/かんぱいマイロード/オーソレミオ/しずかなよる

うらはるまきちまき

はるまきちまきのミニアルバム「ぼくとつわたし」。ライブ会場にてファーストアルバム「収穫2」をお買い上げの方のみ手に入れる事が出来るのです。石川でのレコーディング中の飲み会でHALMAGENが、飲んでべろべろになったおーまきちまきにインタビューした「対談」。素のおーまきがめっちゃ面白い。HALMAGENが歌う「ほんじゃらおりおりのうた」や、ダブルアコで石川県のお友達と盛上がったお笑いコーナーなどなど、、。「収穫2」とはまた違うはるまきちまきが聴けます。恥ずかしいけど、笑えます!!げるまがえるれこーど GGR-002 500円

uraharumakiomote.jpg

「収穫2」は2500円なので、3000円出してお釣りのかわりに、このミニアルバムをゲットしてみては如何?

HALMA GEN SOLO CD

郵便振替での購入方法●01170-0-71145 おーまきちまき●に、氏名、送付先、ほしいCDタイトルとその枚数を明記の上、 送料200円を加えて、合計代金をお振替下さい。

PIANO SOLO「9TALES」(税込)2000円 TECHNO CD「電脳節」(税込)1500円         9tales.jpg         20060210072953.jpg

日本国憲法

第9条 1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 第21条 1、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2、検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 第25条 1、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光センサーと人体センサーを合体

久し振りの電脳半田付け製作記事。
夜中にトイレに行く時、通り道である台所。ここで転けない様に、人体センサーでライトを点灯させる様にしていたが、そのままだと昼間も点いてしまうので、光センサーと組み合わせてみた。
これで、昼間や電灯が点いている時はライトが点かない。しかし設計してみると、かなり本格的な製作となった。こういう無駄な労力で作り物をするのが楽しいのだ。

WONDER KITの「光センサー」でC'S KITの「人体センサー」をコントロールする。明るいときは人体センサーの動作を止め、暗い時に動作するようにした。
よく防犯用に設置されている、センサーライトの回路に似てます。
ブロック図
先日ネットで購入した、WONDER KITの光センサー。これかなりの拡張性がある回路。すばらしい。
hikari01.jpg
そして、スイッチやLEDの配置を決める。今回はタカチのアルミケースYM-180を使用。
しかしアルミケース加工の段階でとんでもない怪我をしてしまう。それはまた後で。
hikari02.jpg

hikari03.jpg

hikari04.jpg
位置決めをして、アルミケースに穴開け位置を書き込む。
hikari05.jpg

hikari06.jpg

hikari07.jpg
このあと手動ドリルとリーマで穴開け加工に入った。力技だ。
しかしこの時点で、夜も遅くなり就寝する事に、、、翌日起きてみると左腕の二の腕に激痛が、、、。どうやら筋肉の付け根を痛めたらしい。うーーー痛い、、、。
このあと暫くこの製作は中止。一週間ほったらかしだ。
その後、シップしてなんとか治り、製作再開。
さて次の段階は、、、、
部品の取り付け。開けた穴にLEDやスイッチを付けていく。
hikari09.jpg

hikari10.jpg
そして内部や外部の部品や回路の位置決め。スペースに余り余裕がないので、蓋を閉めた時に各部品がぶつからない様位置決め。特にAC100V部分には注意をする。
hikari11.jpg

hikari12.jpg

hikari13.jpg

hikari14.jpg

hikari15.jpg
試行錯誤の結果、内部基板の位置は以下の写真に決定。昔なら電源トランスがかさばってこんなスペースには入らなかったが、スイッチング電源が出来て、今はコンパクトに収まる。
hikari16.jpg

hikari17.jpg
さてさて、いよいよ前面パネルと本体との結線。
これが思ったより大変。でも面白い。
hikari18.jpg

hikari19.jpg
その後、通電してみる。いい感じだ。何の問題も無く動作する。
正面向かって、左のツマミはCDS光センサーの感度調整。その上のトグルスイッチは明るいONか暗いONかを決めるスイッチ。
中央のツマミは人体センサーの点灯時間設定。10s 20s 40s 60sと選択出来る。
中央上部は赤外線センサー。
右のツマミは、センサー使用、OFF、直接点灯のセレクト。
よく出来てるでしょ?
hikari20.jpg
実際に台所にセットしてみた。あ、スタジオも兼用場所なんで器材のラックが映ってますが、、、。
これで、もう夜中に足元が危なくないし、昼間は点灯しないし、いい感じです。
hikari21.jpg

hikari22.jpg
スポンサーサイト

<< 八百屋「ろ」つづきの村で  【BACK TO HOME】  雨宮処凛さん >>


◆ コメント ◆

「」


小学生の頃電子キットを買ってはんだづけしていましたが、回路まで書いて自作してしまうなんてスゴイ!
尊敬してしまいます!


「Re: タイトルなし」


フルタさま
中学の技術の教科では、皆必ず何か作りましたよね。その頃僕は、すでに自宅で色々作っていて、ピアノやエレクトーンを習いながら、その中身も興味があり、エレクトーンの後ろを開けて覗いてみたりしてました。
音楽と電気に興味があったのです。そして決定的な出来事。シンセサイザーが発売され、そこにどっぷりはまりました。当時は高価な楽器で金持ちの友人の家で弾かせてもらって喜んだものです。
電波や制御にも興味が沸き、その後東京に出てミュージシャンをしながら、楽器の開発の会社でアルバイトして、そこで電子技術を学んだんです。その後も修理したり作ったり、、、。
人生ずっと音楽と電気に関わっているんですよ。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。